若さを保つ為ポイント、しわ、たるみ、ダイエット、食事などをまとめてます

若さを保つ秘訣 | 若さを保つ方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダイエット 運動系

食後の簡単な運動で痩せる | 血糖値を抑えるて痩せる体づくり

運動は食後すぐに行うのが良い

運動は食後すぐに行うのが良いと言う新しい常識をあなたは知っていますか?

糖質を食べれば血糖値が上がりますが、食後すぐに運動すると、その上昇を抑えることができます。

ですから運動は食後に行うのが効率的です。

 

スポンサーリンク

 

 

かつては、食後は消化のためにゆっくり休めと言うのが常識でした。

しかし、そもそも、食後にゆっくり休まなければならないほど一度にたくさん食べるべきではありません。

血糖値が大きく上昇しないよう、腹七分目を心がけることが重要です。

 

また、空腹時に運動することで脂肪が燃えるとも言われました。

しかし、空腹時に運動すれば、その後さらにハラペコ状態でドカ食いすることになり、血糖値は急上昇します。

血糖値が上昇すれば、それだけで太ります。

もはや空腹時に運動と言う考え方自体が古いのです。

肥満と老化と血糖値の関係 | 若々しくする方法

 

太る原因は糖質 | 痩せる為のポイント

 

糖質を多くとったときには食後すぐに運動し、血糖値の上昇を抑えましょう。それによって確実に肥満が防げます。ウォーキングだけでなく、社内でスクワット、ストレッチなど簡単な体操でも充分です。

 

食事の後にすぐ20分歩く

消化のために食後休むのは体によくない

食後すぐに運動すると、血糖値が上がらないことがわかっています。

このときの運動とは上がった血糖値を下げるのではなく最初から上がらないようにするという意識が必要です。そのためにも食後すぐが重要なのです。1時間の昼休みのうち、注文の品が届くまで10分。それをゆっくり噛んで30分で食べたら、あと20分あります。その時間、早歩きで歩けば血糖値の上昇を抑えられます。

 

会社の周りを歩いても良いですし、

会社に戻って階段を上るのも効果的です。

 

特に糖質の多い食事をとったときには食後すぐの運動を心がけましょう。以前は消化のために食後はゆっくりしろと言うのが定説でした。

しかしそれではお相撲さんと同じでどんどん太ってしまいます。

今は食後こそ運動です。

20分程度のウォーキングや階段の上り下りで足腰も鍛えつつダイエットを成功させると言うのが賢いやり方です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

運動は食後何分後からすればいいのか

食後何分から運動するといいのか?

 

人により個人差はありますが

「食後すぐから1時間以内」

 

 

食べたものは大体約1時間位かけて消化されていきます。

多少個人差はありますが、食後1時間後に血糖値は上昇する。

 

これらのことから食後1時間以内に運動始めるのがベストです。

 

食後に運動を行うのは血中の糖類や脂肪を消費して、

血糖値の上昇を抑えることで贅肉、体脂肪に変わってしまわないようにするためです。

 

血中の糖類、脂肪を消費して血糖値の上昇を抑える運動と言えばやはり

「有酸素運動」でしょう。

 

 

無理なく手軽にできるウォーキング階段の上り下りなどが、おすすめです。

 

 

 

有酸素運動の目安は20分以上続けることで効果がより出やすい。

20分よりも前の段階でも血中の糖類脂肪を消費しやすくなります。

 

20分も運動できない方は10分、15分の運動から。

自分にできる運動から始めてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエット, 運動系
-,

Copyright© 若さを保つ秘訣 | 若さを保つ方法 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.