若さを保つ為ポイント、しわ、たるみ、ダイエット、食事などをまとめてます

若さを保つ秘訣 | 若さを保つ方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なぜ太るのか? | 肥満のメカニズム ダイエット 食事系

太る原因は糖質 | 痩せる為のポイントをチェック

太る原因理由について

食べ放題の「ステーキランチ」と「1枚のざるそば」。。。

 

 

 

 

痩せたいあなたはどちらを選びますか?

 

 

 

 

痩せなさいと注意を受けている人は、

 

 

 

 

 

 

「腹いっぱい食べたいなぁ」と思いつつ後者になります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

しかしそれは大きな間違い。

 

ざるそば1枚を我慢しても体重は減りません。

 

 

一方、

ステーキランチを選択し、肉とサラダをお腹いっぱいになるまでおかわりした人は太りません!

むしろ痩せていきます。

 

 

 

 

あなたを太らる原因は

 

 

 

 

 

糖質=炭水化物です。

 

 

 

 

たっぷりの油で調理した肉や魚で太ることは無いのに、ご飯を食べたら太るのです。

ご飯を多食する地域は短命だと言う調査報告もあります。

 

 

 

使い切れないブドウ糖は蓄積され体脂肪に変わる

肝臓や筋肉は、エネルギーとして使い切れないブドウ糖をグリコーゲンに変えて貯蓄することができます。

 

しかしこれには限度があり、

 

貯蓄量を超えた分は体脂肪となります。

 

体脂肪が増えれば当然、肥満が進行し、高血圧、糖尿病、など様々な生活習慣病の原因となってしまいます。

確かに糖の取りすぎは健康に良くありません

 

 

反対に、極端に糖の摂取を制限するのもまた危険

糖質が不足する状態が長く続くとエネルギー補給のために体内のタンパク質が分解されて基礎体力がなくなります。

 

また肝臓内に蓄えられたグリコーゲンは、必要に応じてブドウ糖に還元されますが、グリコーゲンが減りすぎると肝臓の解毒作用が低下したり、スタミナがなくなってしまいます。

 

ブドウ糖が脳や神経系組織にとっては唯一のエネルギー源でもあります。

血液中のブドウ糖が極度に不足すると脳へのブドウ糖の供給が途絶え、ひどい場合には意識障害などの危険な状態を引き起こします。

 

結局はバランスが大事。

砂糖の入ったお菓子や清涼飲料水はもちろん、

「ご飯」「パン」「麺類」からの糖質摂取をいかに減らしていくか。

これこそが肥満やあらゆる病気を防ぐための重要ポイントです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

カロリーを減らしても絶対に痩せない理由

カロリーと肥満は関係ない

肥満気味の人に対して、今でも行われているのがカロリー制限指導です。

しかし、これを守っていても空腹に苦しむだけで効果は期待できません。

肥満は、「血糖値が上がることで起きる」のであり、血糖値を上げる糖質を控えれば痩せていきます。

 

カロリーで体重が増えると言う栄養士は、

消費カロリーより摂取カロリーを減らせば痩せると言うのですが、

体はそんなに単純なものではありません。

もしそれが本当なら酒飲みはみんな大デブになっているはずです。

アルコールはどれも高カロリーですから。

毎日ウイスキーをボトルで半分飲んでしまうのに痩せている人があなたの周囲にもいるでしょう。

 

ボトル半分でゆうに800キロカロリーはとってしまうのに

太らないのはウイスキーには糖質がほとんど含まれてないからです。

一方じゃがいもを食べながらビールをがぶがぶ飲むドイツ人が太っているのは、ジャガイモにもビールにも糖質が多いからです。

 

つまり、ダイエットにカロリーを持ち出すのは非常にナンセンス。

 

脂肪は食べても太らない事実

肥満とカロリーを結びつけたがる人たちにとって、脂肪は悪です。

油を使った料理や、脂肪の多い肉や魚を食べたら太ると、

彼らは信じています。

というのも脂肪はカロリーが高いからです。

しかし、肥満の犯人は血糖値を上げる糖質です。

 

そもそも脂肪を食べたからといってそれがそのまま体の脂肪になるわけではありません。

食べたものは消化、吸収の過程で分解、合成されて新しい物質に変化します。

だからこそ、糖質が体の中で脂肪に変わるのです。

 

それに、脂肪は食べ過ぎると便に出てしまい、案外、体内に残りません。

 

一方で、糖質は100%吸収されます。

ブドウ糖は生きるために必須の物質であるためにそういうシステムが組まれているのでしょう。

 

私たちの細胞を覆う細胞膜は脂質できており、質の良い油を摂取する事は重要です。いたずらに脂質を避けていれば、かえって健康を害することにつながります。脂肪は太ると言う思い込みは捨てましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

-なぜ太るのか? | 肥満のメカニズム, ダイエット, 食事系
-, ,

Copyright© 若さを保つ秘訣 | 若さを保つ方法 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.