若さを保つ為ポイント、しわ、たるみ、ダイエット、食事などをまとめてます

若さを保つ秘訣 | 若さを保つ方法

スポンサーリンク

老化防止

老化の原因 老化防止

2019/8/20

肥満と老化と血糖値の関係 | 若々しくする方法

肥満と老化の原因 第一に血糖値が高い状態が肥満を作ると言う事実があります。 あなたが太るのは、脂っこい食べ物をとったからではなく、 血糖値が上がったためです。   血糖値が健康管理の最大のカギである 日々のイライラから老化、病気の原因   血糖値と言う言葉は、あなたもすぐにご存知でしょう。 会社の健康診断でも、空腹時血糖値や、 ここ1〜2ヶ月の血糖値の推移を見るヘモグロビンA1c値が調べられているはずです。 これら数値が高ければ糖尿病が疑われます。   この血糖値、糖尿病に限 ...

老化の原因 老化防止

2019/8/20

老化・健康・美しさの為の豆知識 | しわ、しみ対策

老化の原因を毎日作っている?   知らずに体の不調を作っているものとは? いかにも健康に良さそうなものの正体とは?   あなたは毎日自動販売機でもしくはコンビニで缶コーヒーを買いますか? 最近では、仕事前に缶コーヒーを欠かさない人たちをよく見かけます。 テレビで流されているCMでは、 「すっきり目が覚め」「爽やかな気分で仕事に望める」 といった印象付けを行っていますから、その影響受けているのかもしれません。   しかし、健康を大事に考える人にとって「缶コーヒー」は悪魔の飲み物 ...

サプリメント 老化防止 食事系

2019/8/19

ビタミンD 骨を強くする | 若さを保つには紫外線が必要?

カルシウムの働きを調節し、強い骨や歯を作る ミネラルやビタミンの吸収を助け骨粗しょう症の予防と治療にも効果的   骨や歯の材料となるのは、カルシウムやリンなどのミネラルです。しかしカルシウムだけを摂取しても、ビタミンDが足りなければ効果はありません。カルシウムやリンの吸収を助け骨の沈着を促すのがビタミンDだからです。   したがって、骨を成長期にわたる5歳以下の用事や、妊娠中、授乳中の女性には、特に多くのビタミンDが必要です。幼児に必要とされるビタミンDは成人の3〜4倍にもなります。 ...

サプリメント 老化防止 食事系

2019/8/19

ビタミンCでしみ そばかす改善 | 若々しくする効果効能とは?

ビタミンC シミやそばかすを防ぎ便秘にも効果的 美容や風邪に聞いて体を強化抗ガン作用に注目のビタミン   別名アスコルビン酸。 メラニン色素の生成を抑制して「しみ」「そばかす」を防ぐことから、 女性にはなじみの深いビタミンです。   美容面で言えば、便秘の解消に効果があることも見逃せません。 ただし、1日10グラム以上のビタミンCをとると便がゆるくなることがあります。 また、ビタミンCは風邪を予防することでも知られています。   細胞の接着剤であるコラーゲンの生成を助け、 「 ...

サプリメント 老化防止 食事系

2019/8/19

ビタミンB1の力で糖質分解 | 若々しくなる効果効能とは?

ビタミンB1 糖分の分解を助けてくれる「元気の素」 私たちが毎日活動する為に欠かせないエネルギー源となるのは、 「タンパク質」「糖質」「脂質」。   中でも日本人の場合「ご飯」「パン」などの“炭水化物”、 つまり糖質に頼る割合が多いのですが、その糖質の分解を助け、 エネルギーを作り出してくれるのがビタミンB1です。   ビタミンB1は疲労物質である乳酸の排出を促進するので、 疲労回復に役立ちます。 また末梢神経の機能を正常に保ち、脚気を防ぐ効果も良く知られています。 重労働やスポーツを ...

サプリメント 老化防止 食事系

2019/8/19

ビタミンAは肌と髪の潤いを保つ | 若々しくする効果効能とは?

細胞の抵抗力を回復する通称「目のビタミン」   目のビタミンと呼ばれる通目の健康と非常に関係の深いビタミンです。 網膜にあって光を感じ取る部室、「ロドプシン」の主成分が、 このビタミンAであり薄暗い場所でものを発見したり、 色を識別する力を高めてくれます。   鼻や喉、消化器官、呼吸器官、子宮等の粘膜を、 丈夫にする働きがあるので、 妊婦や乳児には特に必要な重要な栄養素といえます。   ただし妊娠初期に過剰にとると、胎児に異常が発生する、 危険が高まるとの報告もあるので、 レ ...

no image

サプリメント 老化防止 食事系

2019/8/19

ビタミンの重要性 | 栄養素の動きを高める方法

ビタミン栄養素の働きを高める潤滑油の役割 日本人の多くは慢性的なビタミン不足 ビタミンは、糖質やタンパク質や脂質と違って、 血や肉の材料になったりエネルギー源となったりはしません。   しかし、他の栄養素が効率よく吸収されるのを助け、体内の代謝を促進するなど、 潤滑油としての役割を果たします。人間が健康に切るために不可欠な栄養素です。   ほとんどのビタミンは体内では生成されないので、食事で摂取しなければなりません。 微量栄養素と呼ばれるとおり、ビタミンはほんの少し摂取するだけで充分に ...

ダイエット 老化防止

2018/10/18

トレーニングをして若返る | 若返る方法はトレーニングだった

筋肉をつけて若返る体 新陳代謝が活性化し、各種栄養素の供給が、全身の老廃物の除去がスムーズになる。   トレーニングによる筋肉と血管の発達は、血液循環の環境を良好にし、 栄養素を全身にくまなく行き渡らせ老廃物をしっかり回収してくれる。 また成長ホルモンの作用と相まって新陳代謝が活性化しなかなか老けない体になれると言うわけだ。   また、テストステロンと言う男性ホルモンの分泌量が増え、活力や精力も高まってくる。 活動的になれることでストレスも溜まりにくくなり、若々しく生き生きとしている ...

ダイエット 老化防止 運動系

2019/8/19

効率的なダイエット方法 | 若返りホルモンを出す

成長ホルモンで効果が上がる! 乳酸が成長ホルモンの分泌を促し筋肉を肥大させさらに体脂肪を分解する   ゆっくりトレーニングを行うと大量の乳酸が発生し、 軽い負荷でも激しい運動した時と同様に、 筋肉内を過酷な状態にできる。   つまりあたかも激しい運動したかのように筋肉を騙して肥大させるのだ。この発生した乳酸は成長ホルモンの分泌を促す作用がある。   スポンサーリンク     乳酸て体に悪くないの? 乳酸は筋肉を動かすことで生じ、疲労を感じさせる物質とされる ...

老化防止

2018/4/28

お腹とお尻のたるみをダブルで改善

お腹のたるみを重点的に改善する方法   お腹と背中周りの抗重力筋を鍛えてお腹のたるみに集中的に鍛えることができる。   腹直筋(ふくちょくきん)   上体を前に曲げる筋肉。前面から背骨を支え、 姿勢を維持する役割もある。 鍛えることで筋肉を縦に割れる。 「シャープ」なシックスパックな腹を作れる。     脊柱起立筋群(せきちゅうきりつきんぐん)   上体を後ろの反らす筋肉。背面から背骨を支え、 姿勢を維持する役割もある。正しい姿勢は筋肉を無意識の ...

Copyright© 若さを保つ秘訣 | 若さを保つ方法 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.