若さを保つ為ポイント、しわ、たるみ、ダイエット、食事などをまとめてます

若さを保つ秘訣 | 若さを保つ方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

老化防止 食事系

若さを保つ秘訣 | 若さは食事から作られる

若さを保つための食事方3つのポイント

  • 若さの秘訣は空腹感
  • 食事は昔から腹八分目
  • 食べ順ダイエットを活用

 

【若さの秘訣は空腹感】

タイトルの通り体は食べた物からつくられます。
ポイントはお腹が空くまで食べないことです!!
『細胞の断食』って聞いたことありますか?
体に栄養を与えないでいると、体自体が古くなったタンパク質や脂肪を燃やし始めます。
この現象を『オートファージー』といいます。いわゆるデットクス!体の掃除をしてくれるわけです

なのでそんなにお腹が空いていないときは軽めな食事で済ませましょう。
ちなみに、寝る前は空腹が一番!!!
空腹時の睡眠が1番成長ホルモンの分泌が多くなります。(22時~深夜2時がもっとも分泌が多い)
※成長ホルモンとは、代謝を活性化成果させたり筋肉を作ったり、体脂肪を燃やし細胞の修復をしてくれる。

 

 

【食事は昔から腹八分目】

食べすぎは要注意!
体のエネルギー消費がもっとも高いのが、昼です。朝昼晩っとお腹いっぱい食べていると、胃や腸に負担がかかります。
食べ物を沢山取ると、消化するのにエネルギーを使うため、排出物を出すためのエネルギーに回せないためどんどん体の中に溜まっていってしまいます。
また午後からは『体が痩せる時間』に入り他の細胞の、燃焼エネルギーにも回らなくなるので食べすぎは体の循環が悪くなります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

【食べ順ダイエットを活用】

食べる順番は『野菜』『肉』『主食』
この順番で食べると、食後のインシュリンが抑えられ太りにくくなります。
カロリーよりもよく噛んでゆっくり食べることが大事!

 

体に良い食材

 

 

朝食

何と言ってもいいのは、日本人であれば『和食』
ごはん、みそ汁、納豆、魚、フルーツ、ゆで卵、紅茶、珈琲

 

昼食

和食の魚定食、刺身定食、玄米を使ったごはん、
肉、油ものを食べる場合は食べ過ぎないように。

 

夕食

食物繊維をメインに
野菜の水炊き、豆腐の水炊き、炭水化物少なめ
野菜で我慢できない人は、ささみなどがお薦め
お酒は一杯まで!!!

 

 

まずは若さを保つために食生活から見直しましょう!

 

若さを保つ為に生活習慣の見直し↓↓

若さを保つ方法 | 若さを取り戻す秘訣自律神経編

 

老化を防ぐ食べ物とは?

老化を防ぐためには適度な運動、そして食生活を改善するのはとても有効な手段です
コレステロールのバランスを保ったりストレスをためないことも大切です

 

そして糖質の偏りに注意を払う必要があります
糖質を摂り過ぎると血糖値が上がり体内の糖化物質が増えます、

 

いわゆる老化物質が増える。なので老化を防ぎたい場合は、糖質も気にした方が良いとされています。

悪い例で言えば空腹時にいきなり甘い物や食べ物を一気に食べると血糖値が上がってしまいます。

なので巷で有名な食べ順ダイエットなどで野菜から食べるなどは効果的です。

理想は食べ過ぎない、甘いものを控える。

 

 

スポンサードリンク

 

 

老化を防ぐ食べ物を紹介

トマト、大豆、大豆製品、ごま、いわし、サバ、ブリ、スキムミルク、

抹茶、わさび、とうがらし、銀杏、アーモンド、唐辛子、発酵食品トマト、

鮭、いくら、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリー、シソなど!

飲み物で言えば
赤ワイン、緑茶、紅茶、ルイボスティー

その他

カカオ、ブルーベリー、バナナ、りんご、玉ねぎ、大豆、ソバ

 

予防は酸化させないことです。
酸化とは一般的にサビのことです。

 

 

スポンサーリンク

 

 若さの作り方は水分の取り方と食物繊維から見直す

若さの維持にはまず水分!!

日中はこまめに水分補給!ペットボトルを携帯してっと…

 

排出されていく水分を、補うためであるのはもちろんのこと、

緊張したり、怒ったり、パニックになった時に水を一口飲むと落ち着くのは、

胃腸の神経がいい意味で刺激され、副交感神経が高まるから。

(むくむからと言って水分控えめは、かえってむくむ原因に)

 

 

スポンサードリンク

 

朝食はフルーツと水

眠っていた腸を動かし、副交感神経優位の状態から、交感神経優位の状態へとスイッチングするための朝食は、

コップ一杯の水を飲むところからSTART!

(腸を刺激してぜん運動を、活性化するのが目的)

フルーツは何でもOKですが、脳内のエネルギー源である糖分、食物繊維を豊富に含んでるバナナがおすすめ!!

ヨーグルトも◎

 

昼食も規則正しく

食べる前に水を飲む、食事前は腸にも準備運動が必要。食事前にコップ一杯の水。

腸の動きを促します。水で腸が落ち着き、早食いを防止する効果もあり!!

 

(好きなものを食べて構わないが、夜、外食の予定がある場合はランチを軽めに、

残業する日はランチをしっかり食べて夜は軽めにするなど1日のトータルカロリーも意識して。

 

おやつには食物繊維が豊富な食材をチョイス

常に腸を動かしておくということは、副交感神経を常に高めている状態なので、

こまめに間食する方が自律神経を整えるにはおすすめ!

ただし、糖分、脂肪分の多いお菓子を食べていては逆効果。

間食の効果を最大限に引き出す食材は、ナッツやドライフルーツなどの食物繊維やビタミンの多いもの。

バナナ、ヨーグルトも◎

 

夕食は寝る3時間前には済ませておく

食後3時間は腸が消化、吸収するために働く『腸のゴールデンタイム』

これを確保せずに寝ると血糖値と自律神経が乱れる原因に。

しかし、わかているけど寝る前しか食べられない!!!

そんな時は、量をいつもの半分にするなどの工夫が必要。

またストレスがかかった状態で食事すると自律神経が乱れて十分に消化吸収されないので、食事中は楽しむ事。

 

 寝る前のハーブティーで副交感神経を高める

睡眠時は、副交感神経が高い状態。つまり腸が活動する時。

寝る前にアロマ、ハーブティーを飲むとよりリラックスできる環境を整えようとする

睡眠中の副交感神経と腸の活動をさらに高める事が可能になります。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-老化防止, 食事系
-

Copyright© 若さを保つ秘訣 | 若さを保つ方法 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.